インビザライン矯正は痛みが少ない

歯列矯正をお考えの方で、やるやらないを迷う理由の一つに「治療中の痛み」があげられると思います。 従来のワイヤーでの歯列矯正は痛みのストレスが大きかったイメージがある方もい多いでしょう。 ワイヤーでの歯列矯正は表側なら唇の裏が、歯の裏側なら舌がどうしても当たってしまい、 こすれたりして傷になったり口内炎に悩まされるといったこともあります。

ひと月に一回ほどのペースでワイヤーを少しずつ締めて行くことで歯が動くのですが、 締めたあとは馴染むまで何日も痛みがあり、ひどいときは食べ物もろくに食べられない・・・という事もあります。 ぎゅっと引っ張られる感覚がひたすらに続き、自分では外すことはできません。 頭痛がして来たりと、とにかく色々な痛みへの覚悟と気力を必要とするのです。 インビザライン矯正は、ワイヤーでの矯正と比べるとはるかに痛みが少ないです。まず、ワイヤーがない事が一番です。

とがった部分はありませんのでこすれません。唇の裏にあたることも舌に刺さることもありません。口内炎もできません。 これは一見小さなことにも思えますが歯列が整う日まで毎日、寝ても覚めても小さなストレスがあることを想像すると、 とても重要なことだと分かると思います。 歯は、体の中でとても重要な役割ですので、動かすと頭痛がしたり痛みを伴う事もあります。 そんなときも、インビザライン矯正なら自分で取り外しが可能なのです。自分で取り外しできる事はかなり痛みの軽減につながります。

~インビザライン関連情報~
インビザライン矯正・・・東京でインビザラインの治療を受けられるクリニックです。これからマウスピース矯正を検討されている方は候補のひとつにしてもいいと思います。